人の仕事。

拝見頂き、ありがとうございます。

本日は、休業日です。


朝一から、骨折部分のギブスを変える為、病院行って、

次男が今日から、給食なしの午前授業で、

さっき帰宅して、

今、やっと、
ぼやっとしてます。


週明け月曜日なので、
病院もなんだか、スムーズではなくて、
g
自分で、
足を洗い、

2週間振りに見た、
自分の左足は、

本当に自分の足なのか、
という程、

変わり果てた姿で笑、

思い余って、
自分で、
綺麗に洗い、

もうちょいがんばろー、

と、
左足に、
声を掛ける始末。

もう、
人には見せられない、

わたしの、左足。

二度と、
骨折はしない、

と、

思ったなー。


で、

そのまま放置、1時間半。。


からの、
ギブス付けるまでの、
1時間。


自分で、
ギブスが付けれるなら、

さっさと自分でやって帰りたいとこでしたが、

そんな事、出来る訳なく、


週明け月曜日で、
ごった返した病院も、

最終的には、
担当医が診てから、

ギブスを付けて、

って、手筈な訳で。

わたし、
実は、
短腹なので、

こういう時は、
はっきり、言ってしまう性格で。

『放置2時間、
キツイんですけど。

帰っていいですか。

ギブスの装着及び、
その後の診察、リハビリなら、

近くの病院でいんですけど、
手術した訳じゃないので。

予約して時間通りに来て、
診察なしのギブスの変えだけお願いしたんですが。

リハビリ部屋で、
自由に動けないのに、

2時間放置は、

キツイかな、

と、
思いました。大変申し訳ないんですけど。

わたしの目の前で、
溜息つかれてもね』。

と、
お伝えさせて頂きました。


人って、
言わなきゃ、
伝わらない、

伝えても、
伝わらない、

もしくは、
それに近い信号出してダメなら、

ダメなんだと、

わたしは、思う。

けど、

人には感情があるから、
諦めない訳で、

だから、

感情含みで、
だったなら、

わたしは、
諦める。

感情が伝わるからこそ、

人間だと、
わたしは、
思うから。

なんでだろ、

メール毎に、
わたし、忙しいアピールする人いるんだけど、

わたしらの年代で、

仕事して、
家庭があって、
子供がいたら、

忙しいのは当たり前田のクラッカーじゃない?、
とか、

普通に思うし、当たり前で。

いちいち、
言うなよ、と思う。

みんな、
一緒さ、

年頃の子供いたりとか、
子供が、
何某の、習い事とか、
色々あったら、

当たり前さ。

自分だけ、

とか、
思わないでほしい。

40代にもなればさ、

体調悪い時あるし、

あんまり言いたくないけど、

更年期的な、

ミッドライフクライシス(分からなかったら、調べてみて下さい。)、

みたいな、

感情が、
揺れ動いて、

この先、どうすっかなー、
みたいになったりとか、

色々、ある。

わたしも、そう。

何が正しいとか、
正しくない、
とかではなくて、

本当の、
今の自身の価値観を、
問う時期。

こんな時期の自分でも、

誰が、

自身を受け入れ、認め、

寄り添ってくれたんだって。


たくさん、
考える。

カッコつけすぎ、
なんじゃない、

って、思う。

無駄な、
マウンティングは、
いらない。

比べようがないから、

人と、
比べてもしょうがないから。

だから、

様々な、
SOSが、

自身に、
来るんだと思う。

もう、
いいんじゃない、
そういうのさ、

頑張り過ぎなんじゃない、
とかさ、

頑張って、
築いてきた価値に、
しがみつきなんじゃない、

本当に、
それ、
望んでんの?

その、
考え方、

生活スパン、

みたいな。

よく、

自身に、
何某かのコンプレックスがあって、

それを元に、

めっちゃ、
子供に期待かける人とか、
よく、聞くけど、

子供、
しんどくない?

とか、

考える?


わたしは、
それで、
失敗したかんね。


子供は、
子供の個性があり、
人生がある。


それを、

負の事も踏まえて、
受け入れ、認め、

子離れ出来るのか、と。


確かにさ、
子供には、
安定した、
仕事や生活を送って欲しいよね、

そりゃ、そうだ。

でも、
子供は自身の所有物ではない。

前にも書いたけど、

自身の影を隠そうとする程、

自身の大切なものに、
返ってくる、

本当に。



だからわたしは、

折れたね笑。





一旦話は置いといてね、


先日、
いつだったか、blogに、

ウチの斜め前に、マンション建設が始まっていて、

写真は、
元blogに添付しましたが、

http://grisgarden000.jugem.jp/

現在、
恐らく、

5、6階辺りまでの鉄骨が出来てきたのかな。


割と、
近い目線でその様子を見ているのですが、


どんなにか、
最先端の技術や、
造りの、洒落た建築物も、

細部は、

人が組み立てているんだなと、

思って見ています。


非常に、リスクの高い仕事の職人さん方。

すごいな、
と、ただただ、

見入ります。


いつかは、

その仕事も、

AIになるんですかね。


ある意味、

怖いですね。。


そんな事を、

思いました。。

人の仕事が、
AIに奪われる危機感より、

AIがつくったマンションに疑わずして、住む事や、

自分の怪我や病気の最終判断がAIとか、

AIに会計をして貰う、
物販とか、

信用、
出来っかなー、

とか、思ったりして。


最近聞いて、へー、
と思ったのは、

webで購入したものを、
どこの、どの店で購入したか、
分かってない事、

そういうもの程、

簡単に、
メルカリとかで、
売ったり買ったりしてるのが、

普通みたいになってる感覚、

色々希薄(四字熟語ではない笑)、

と思いました。

人の仕事が無くなるのは、

人の責任なんじゃないかな。



では、また。。


+12 plus twelve

岩手県盛岡市のセレクトショップgris gardenより、2017.8に『+12』plus twelveに名称をリニューアル。

0コメント

  • 1000 / 1000